「お酒を楽しむ器展」

2017-12-01
「お酒を楽しむ器展」

お酒を楽しむうつわ、酒器の作品展が、
2017年12月1日から13日の会期で、
宇都宮市にある、北関東総合警備保障本社、青木ギャラリーにて開催されます。


そうそうたるお名前が揃っていて、非常に恐縮なのですが、
なんとか恥ずかしくないものを、と思って、
お話を頂いてから向かってきました。

お時間、ご興味ありましたら、どうぞお出掛けくださいませ。



出品予定作家(敬称略)

濱田友緒・佐久間藤也・木村充良・村田浩・島岡桂・加守田太郎・大塚一弘・
大塚雅淑・萩原芳典・村沢亨・伊藤剛俊・武田敏彦・竹下鹿丸・後藤竜太・
宮田竜司・西山奈津・伊藤丈浩・福島晋平・堀中由美子・えきのり子

特別出展:松崎健




青木ギャラリー

北関東総合警備保障株式会社
本社あんしんかんビル2階 特設会場

〒320-0833
栃木県宇都宮市不動前1丁目3番14号

028-639-0307



……………………………………………………………………………………………………………

201712012037587b7.jpg



酒器も、色々と用途によっても種類がありますが、
今回私は、お猪口、ぐい呑みといった器を出品しています。
注ぐ器は、今回は追いつきませんでした。
またおいおい作ってゆけたらな、と思います。

ぐい呑み、お猪口、形を出すのが楽しかったです。
コレクターの方がいらっしゃるのも何となく分かるような気がします。

お酒を飲むための器、それだけで特別感があります。
手の中に収まる大きさに、いろいろと盛り込めるもののような。



今朝、ギャラリーで開会式があったのですが、
その時、
「制約を感じず楽しい気持ちで作れました」と松崎健さんに言ったところ、

「窯元さんや代々続く作家さんなどは、制約の中で作っている。
あなた方外から来た若い作家さん達は自由な観点から作っている。」
というようなことをおっしゃっていて、
益子の作り手の立ち位置の違いをちょっと考えました。

どちらがいいとか悪いとかではなく、羨ましいとかなんとかでもなく、
それぞれの自分の場所ってあって、そこで一生懸命であれたらな、と。




201712012338196d4.jpg


今回は、箱付きでの販売とのことで、つたないながら箱書きもしました。

一つ一つ経験だな~と思いながら、、(__)







作品展 | Comments(0) | Trackback(0)

宇都宮駅ビルパセオ2F「tochigi to world」

2017-11-30
宇都宮駅ビルパセオ2階に、
「tochigi to world」というショップが、
2017/9/7〜2018/1/31までの期間限定でオープンしています。

「栃木から世界へ、栃木と世界をつなぐ」というコンセプトのもと、
栃木県の職人、作家、企業の逸品を集めたセレクトショップです。 

私もオープン時から参加させて頂いています。
遅くなりましたが、ご案内いたします。


20171130212330a29.jpg


店内、おお!といった面白いもの素敵なものがたくさんあります!
駅から直結の場所ですし、お気軽にぜひお立ち寄りください(^^)


「とちぎ to world」ブログ → https://ameblo.jp/tochiomo/




「tochigi to world」

宇都宮駅ビルパセオ2階
※宇都宮駅直結です

〒321-0965
栃木県宇都宮市川向町1-23







shop | Comments(0) | Trackback(0)

益子陶器市「祝100回」

2017-10-24
「益子秋の陶器市」
2017年は、11月2日(木)~11月6日(月)までの5日間の開催です。

201710232339081ff.jpeg


今回は、益子の陶器市開催100回記念とのことで、
イベントもあるようです。
益子町のHPに、詳細が出ていますのでご確認ください。

「益子陶器市のご案内」 → 



私もいつものとおり、同じ場所でテント出店しております。
いつもの場所 →  ← クリック

お天気、持ち直したのかな?
期間中、よい日が続きますように!



--------------------------------------

長雨と、あげく台風と、
窯場が外なもので、
雨降りで窯詰めができずにいたのですが、
昨日、風の止むのを待って、
午後から素焼きの窯詰め、夕方から素焼きスタートできました。


陶器市前日の本焼き窯出しのスケジュールになってしまいました。
いろいろ、うまく運びますように(^.^)


20171024103123cc9.jpg







陶器市 | Comments(0) | Trackback(0)

日光東照宮の凄さよ!

2017-10-20
昨日は、益子小学校のPTA研修旅行で日光東照宮を見学してきました。

いつぶりだかも覚えていませんが、、
今回、平成の大改修を終えたところだということで、
とても楽しみにして、行って参りました。

20171019184715077.jpg



改めて、「凄かったです~!」

語彙も知識もないので、それしか言えないのですが、

ありとあらゆるところに施されたレリーフの、数の多さ、細かさ、多彩さ。
一つ一つ、
例えば水鳥がたくさんいましたが、一羽一羽しゃんっとしている。
あれだけ数あっても、やっつけ感を感じない、気をぬいてないんですよね~

四方から職人さんのプライドを感じて、囲まれて、ぞぞぞとしました。

あと、あの仕事量たるや、どれ程のものやら、、
(自分の仕事量と比べて、落ち込みます、、)

あと、モチーフとか、装飾の盛り方が、
インド的?中国的?オリエンタル風?で、不思議な空間でした。

日光東照宮、凄いです。
ぜひ行ってみてください!





あと、何だかんだ言われているらしい?リニューアルさんざる。
え~? とってもよかったですよ!


20171020102513f9d.jpg


あと、ピンポイントですが、松のデザイン化力に、驚きました。
昔、マンホールのデザインをしていたことがあるのですが、
単純化してなおかつ「それ」と意識させるのって、難しいんですよね~




また、この猿のレリーフは8面あって、
人間の一生を風刺したものだということです。

ちなみに、三猿は第2面にあって、

「目・口・耳をふさぐ猿は、幼年期の猿で、幼いうちには純真で周りの影響を受けやすい。
だから世の中の悪いことは見聞きせずに、悪い言葉を使わせずに、良い物だけ与えよ。
この時期に良い物を身につけておけば、悪いものに触れても正しい判断、行動が出来る。
という教育論の意味が込められています」とのこと。


今度行くときがあれば、
その辺りもじっくり見てこようと思います。









日々のこと | Comments(0) | Trackback(0)

「新しいうつわ ー笠間と益子ー」展

2017-10-19
笠間にある、茨城県陶芸美術館で、
「新しいうつわ ー笠間と益子ー」と題された展覧会が、
10月18日から4ヶ月の会期で開催中です。

益子の作家として参加させて頂いていますので、
お出掛けの際はご覧いただけたらと思います。


20171018_inarakitougei.jpg


「新しいうつわ ー笠間と益子ー」

平成29年10月18日(水)〜平成30年2月18日(日)

茨城県陶芸美術館 第2展示室

美術館HP →



会期に合わせて、
美術館のミュージアムショップで、作品の販売もしております。
合わせてよろしくお願いいたします。



=============================================




メイン会場では、
ハンガリーの名窯「ヘレンド展」が開催中です。

20170923_herendo.jpg


先日、搬入の時に見せていただきましたが「素晴らしい」です!

こちらの展覧会も、ぜひご覧ください!

美術館HP →







作品展 | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | ホーム | Next »