土祭 2015

2015-09-27
20150927102147b37.png


今年、益子町では3年に一度の「土祭」が開催されています。

益子町のあちこちに、土との暮らしをテーマにした展示が展開されています。

新月から満月まで、つまり明日まで。
(ちなみに明日は、今年一番大きい月、スーパームーンだそうです)

なかなか自分の手がすかなくて、ほとんど回れていないんですが、
そんな中、旧濱田邸での展示が良くて、何度かお邪魔しました。
途中までしか居られませんでしたが、23日には、作家さんによる作品の解説もありました。

こちらでは、益子で採れる原土を使った作品(日本画・染め物・焼き物等)が、
濱田庄司さんが住んでいらしたのでしょう、重厚な日本家屋の独特の空間の中に並んでいました。


焼き物を始めた頃は、土にもそれなりに興味があって、
家の周りで形作れそうな土があれば、窯に入れて焼いてみたり、
実家の田んぼや、そういえば埼玉の友達の所に押し掛けたりして、
野焼きにも挑戦してみたりしていました。

いつ、そういうことを忘れてしまったのか、、
ちゃんと作品になる、安定した原料が自分にとって当たり前になっていました。

今回のこちらの展示を見て、
また、そこの土地のものとして益子の原土を使って作品を作っていらっしゃる方々のお話を聞けたことは、
自分にとって、とてもよかったです。

今の自分の作品作りにすぐに取り入れることは難しいですが、
そういう、土とか土地とかのことを、意識して行けたらなと、思います。


「土祭」、実はいまいち全体像が掴めないながら、今回三回目。
でも、いつも何かしらの発見があります。

これからも続いていくといいなと、思いました。




日々のこと | Comments(0) | Trackback(0)
 | ホーム |